ランドリールームのリフォーム費用は?【間取り変更で広くできるか】

ランドリースペース、費用はどれくらい?

こんにちは、永山です。
リフォーム業歴は12年で、これまで800件以上の現場を経験してきました。

これからお話しするのは、

  • 洗濯機とベランダの往復がしんどいしキツい
  • 物干しから全部一緒の部屋になってればよいのに
  • ランドリールームがあれば家事が楽になるのになぁ

といった「ランドリールームのリフォーム費用」についてです。

まず前提として、工務店よって見積もり金額は違うのだけ覚えておいてください。
商品の仕入れ値や人件費、会社の利益率も変わるので当然といえば当然です。

ですが僕自身リフォーム経営、営業経験の中で商社やメーカー、業界内の知り合いも多いので、ここでの話は実際それほど誤差はないと思います。

では結論をいうと、間取り変更が必要だと最低20万円以上はかかります。
もちろん、家の間取りやどんなスペースにするかでかわりますけどね。

それでは、具体的にお話しをしていきます。

【ランドリールームとはなにか?】
洗濯と物干しで乾かす、服をたたんでアイロンがけ。
収納まで一部屋でできる主婦に優しい最高の空間です。

ランドリールームをつくるのは難しい?意外と簡単?

ランドリールームに最低限必要なのは、

  • 物干し
  • 洗濯機
  • 収納
  • 乾燥機(予算があれば)

だけです。なので、極論は今の洗面所を広くすれば完成します。
むしろ最低予算でリフォームするなら、広げる方法しかありません。
家によって「どこに、どのように」ランドリールームをつくるかは違います。
なので、今回は一つの例として参考程度にお聞きください。

ランドリールームの施工イメージ

Before

ランドリースペース,間取り,平面図,工事前

では、施工イメージをみていきます。
この間取りをリフォームして、ランドリースペースをつくります。

After

ランドリースペース,間取り,平面図,工事後

かなり間取りを変えてみました。
家の状況によっては、大きく間取りをかえないとスペースがつくれません。

和室を狭くして、LDKを対面型に変更。
お風呂と洗面所の位置も大きくかえました。
洗面所を横長にしてランドルームの完成です。

ランドリースペース,左側面

イメージはこんな感じです。
洗面台と洗濯機を横並びにしたシンプルな間取りです。

ランドリースペース,右側面

収納スペースの上をカウンターにしてアイロン掛けもできます。
もちろん、洗濯物を干せる物干しも設置。
洗濯物は結構重量があるので、しっかりとした補強が必要です。
費用はかかりますが、服を乾かすのに乾燥機を設置するのを忘れないように。

ランドリールームの見積もり費用

ランドリールームの見積もりはこんな感じです。
わかりやすく、洗面所を広くする最低限の金額です。

項目 詳細 金額
養生費 養生テープ、エコフルボードなど 5,000円
材木費 床束、野材、合板など 20,000円
商品代 片引き戸、物干し竿 48,000円
解体工事 床束、野材、合板など 25,000円
大工工事 床下地組み、合板張り 75,000円
電気工事 一部配線移設 15,000円
内装工事 クロス、クッションフロア張り 50,000円
廃材処分費 発生廃材処分、運搬費 20,000円
諸経費 交通費、駐車場代など 15,000円

これを合計すると、27万3千円です。

電気の乾燥機を設置すると、プラスで20万円ほどはかかります。

永山
永山
安くしたいなら「依頼する業者選び」が一番重要です

まとめ

最後にまとめると、

  • ランドリールームのリフォーム費用は、20万円以上
  • 最低限の費用でリフォームするなら、今の洗面所を広くするだけ
  • 間取り変更は提案内容と金額が業者によって大きく違う

という感じです。

ランドリールームをつくること自体はそれほど難しくですね。
ただし家の間取りによって、他の部屋を改装する費用がかかります。
なので「どんな間取りにするか」が一番重要なのは言うまでもありません。

ちなみに、見積もりして「はい、お願いします」ではダメで、
こっちの予算に合わせてもらう工夫が必要なんですよ。
この前提を間違っている人が意外と多いです。

予算を抑える、安くリフォームする3つの方法




このページの先頭へ

【期間限定】電子書籍プレゼントキャンペーン!
ご案内はコチラ
【期間限定】電子書籍プレゼントキャンペーン!
ご案内はコチラ