書斎のリフォーム、費用はどれくらい?

書斎をリフォーム、費用はどれくらい?
  • 読みたい本が沢山溜まってるのに、ゆっくり読める居場所がない
  • 家で仕事するスぺースがないから、つい会社に残って残業してしまう

家の環境次第で、仕事との関わり方も変わってきますよね。
では、書斎リフォームの費用はどれぐらいか?

結論をいうと、間取りを変えると最低でも20万円以上はします。
もちろん、リフォーム内容によって金額は全然違いますけどね。

それでは、具体的にお話しをしていきます。


スポンサードリンク

書斎リフォーム、工事内容

Before

工事前,和室

使わなくなった和室、ここを改装します。
家族が多いと、子供部屋や物置が優先されます。
なので、書斎がある家は少ないんですよね。

工事前,プラン,間取り,和室

全体の間取りはこんな感じ。
リビングの一角にある和室、マンションによくある間取りです。

After

工事後,プラン,間取り,書斎

こちらが完成後の間取りです。
和室全部を書斎にするのは広すぎるので、
半分はウォークインクローゼットとして使います。

書斎リフォーム,外観,窓付き

完成後の外観ですね。
リビングの様子が見れるように、窓付きの書斎です。

アンティーク風の黒い窓枠が、オシャレさを感じさせますね。
会社の事務所でも、偉い人が使ってる部屋みたいな感じ。

書斎リフォーム

書斎の中からの視点です。
広々とした机で、仕事が進みそうですね。

どれだけ物を散らかしても、家族から怒られない。
仕事に集中できる環境の出来上がりです。

ブラインドを閉めた状態

書斎リフォーム,外観,ブラインド

こちらは窓のブラインドを閉めた状態。
リビングからの視点が気になる場合は、閉めても良いですね。
「仕事に集中してます」というメッセージにもなります。

壁のみ

書斎リフォーム,外観

窓をなくして、壁のみにしたバージョンです。
窓をつけると予算も上がるので、予算重視なら壁のみですね。

ネックとしては、リビングの一角なので圧迫感を感じることです。
最初は、リビングが少し狭く感じるかもしれませんね。
なので間仕切り壁がないワークスペースでも良いと思いますよ。

アクセントクロス

書斎リフォーム,外観,アクセントクロス,ベージュ

予算がなくて壁のみにしても、アクセントクロスで雰囲気が変わります。
こちらはベージュの壁紙を張った状態。
全体的にシックな雰囲気になります。

書斎リフォーム,外観,水色,アクセントクロス

次は、水色の壁紙ですね。
アクセントに使いやすく、爽やかな清潔感を与えますね。

書斎リフォーム、工事期間

  1. 解体
  2. 木下地組み
  3. 電気配線
  4. 石膏ボード張り
  5. 収納棚取り付け
  6. クロス、フロアタイル張り

という工事の流れです。

ウォークインクローゼットの工事も一緒にして、
工事期間は6日~8日ほどで完成です。

(書斎工事だけなら3日ぐらいのイメージですね)
「何人で作業するか、住みながらの工事か」という外部条件でも変わります。

書斎リフォーム、見積もり費用

書斎リフォームの見積もりはこんな感じです。
予算を抑えた壁のみのバージョンですね。

項目 詳細 金額
養生費 養生テープ、養生シート 10,000円
材木費 野材、石膏ボード等 40,000円
商品代 扉、収納棚、造作部材 175,000円
解体工事 収納、壁解体 50,000円
大工工事 WCL造作、書斎造作 240,000円
電気工事 照明、スイッチ配線 40,000円
内装工事 壁紙クロス張り、フロアタイル張り 90,000円
廃材処分費 発生廃材処分、運搬費 40,000円
諸経費 交通費、駐車場代など 50,000円

これを合計すると72万5千円です。ウォークインクローゼットの費用も一緒です。
純粋な書斎工事だけの費用なら、30万円ぐらい。

他にもエアコン取り付け費用がかかります。
マンションの場合は、どこから配管を持ってくるか、というハードルがあります。
壁のないワークスペースならエアコンの心配もありませんね。

まとめ

最後にまとめると、

  • 書斎リフォームの費用は、最低でも20万円以上かかる
  • 工事期間は、最低でも3日以上かかる
  • 間取り変更の提案プランは業者によって全然違う

という感じです。

書斎を新しく作る場合は、他の部屋の面積を減らす必要があります。
増築すれば良いですが、増築は家の構造面、予算的にもハードルが高いです。
予算を抑えつつ、良い提案をしてもらうよう複数の業者に見積もりしましょう。

ちなみに、見積もりして「はい、お願いします」ではダメで、
こっちの予算に合わせてもらう工夫が必要なんですよ。
この前提を間違っている人が意外と多いです。

【参考】予算を抑える、安くリフォームする3つの方法




スポンサードリンク

このページの先頭へ