可動収納で間仕切り、費用はどれくらい?

可動収納で間仕切り、費用はどれくらい?

こんにちは、永山です。
リフォーム業歴は12年で、これまで800件以上の現場を経験してきました。

これからお話しするのは、

  • 壁を固定せず、部屋を間仕切りたい
  • 将来的に動かせるので、可動収納が便利かも

といった「可動収納の費用」についてです。

まず前提として、工務店よって見積もり金額は違うのだけ覚えておいてください。
商品の仕入れ値や人件費、会社の利益率も変わるので当然といえば当然です。

ですが僕自身リフォーム経営、営業経験の中で商社やメーカー、業界内の知り合いも多いので、ここでの話は実際それほど誤差はないと思います。

では結論をいうと、可動収納は5万~30万円ぐらいします。
といっても商品がピンキリなので、選ぶ商品次第ですけどね。

それでは、具体的にお話しをしていきます。

可動収納の間仕切りイメージ

Before

リビング

可動収納を置く前のリビングのイメージです。
縦長にリビングからダイニング、キッチンと配置されています。

ダイニングキッチン

ダイニングとリビングの間に、可動収納を設置してみますね。

After

リビング,可動収納

可動収納を置くと、こんな感じですね。
当然、さっきよりは圧迫感を感じてしまいます。

ダイニングキッチン,可動収納

ですが、孤立したリビングにできるので、生活にメリハリはでそうです。
収納も動かせるので、模様替えも手軽ですしね。
可動収納以外の間仕切りパータンはこちらでご紹介しています。

お薦めの可動間仕切り収納

  • 南海プライウッド ウォールゼットムーブ4
  • セフィット 可動間仕切り収納

リフォームでは、この2社の可動間仕切り収納を使うことが多いですね。
ですが予算重視で選ぶなら、市販で買える商品がやっぱり安いですよ。

永山
永山
安くしたいなら「依頼する業者選び」が一番重要です

まとめ

最後にまとめると、

  • 可動収納の費用は、5万~30万円ぐらいはかかる
  • 予算を抑えるなら市販品がお薦め
  • 圧迫感を感じやすいので、商品選びは慎重に

という感じです。

可動収納は、収納と間仕切りの2つの目的を果たせるのが良いですね。
圧迫感が欠点なので、空間のバランスを考えて商品を選びましょう。

ちなみに、見積もりして「はい、お願いします」ではダメで、
こっちの予算に合わせてもらう工夫が必要なんですよ。
この前提を間違っている人が意外と多いです。

予算を抑える、安くリフォームする3つの方法




このページの先頭へ

【期間限定】電子書籍プレゼントキャンペーン!
ご案内はコチラ
【期間限定】電子書籍プレゼントキャンペーン!
ご案内はコチラ