洗濯パンの交換費用は?【交換だけなら簡単】

洗濯パン,交換,費用

こんにちは、永山です。
リフォーム業歴は12年で、これまで800件以上の現場を経験してきました。

これからお話しするのは、

  • 洗濯パンが古くて割れてしまった
  • 洗濯機を交換のときにぶつけた衝撃で割れた
  • 洗濯機の排水が詰まって水が逆流してきた
  • 二層式からドラム式洗濯機に変えたいがサイズが合わない・・

といった「洗濯パン交換の費用」についてです。

まず前提として、工務店よって見積もり金額は違うのだけ覚えておいてください。
商品の仕入れ値や人件費、会社の利益率も変わるので当然といえば当然です。

ですが僕自身リフォーム経営、営業経験の中で商社やメーカー、業界内の知り合いも多いので、ここでの話は実際それほど誤差はないと思います。

では結論をいうと、洗濯パンの交換は4万~6万円ぐらいかかります。
もちろん、サイズ変更や位置を変えれば金額は変わりますけどね。

それでは、具体的にお話しをしていきます。

洗濯パンの交換は簡単です

洗濯パンの構造、仕組み

洗濯パン交換の仕組みを知っておくと、見積もりを比較しやすいです。
「これだけの作業なのに高いの?」「リスクが高い作業なのに安くない?」
といった基準ができますからね。

洗濯パンの構造と仕組み

まずは、洗濯パンの構造を把握してください。
イラストのように、マンションと戸建では少し構造が違います。
単純に床下の高さの違いで、施工方法が変わります。

  • マンション:排水管+排水トラップ(ヨコビキ)+洗濯パン
  • 戸建:排水管+排水トラップ(タテビキ)+洗濯パン

といった組み合わせですね。

ですが排水トラップはそのままで「洗濯パンだけを交換することは可能」です。
それなら排水トラップの交換という難しい部分がないので簡単です。
ただし、パッキン部分は水漏れのリスクがあるので新しいのに交換すべきですね。

洗濯パン交換、工事の方法

洗濯パン工事の流れ

  1. 洗濯パンの取り外し
  2. 床材を切り抜く
  3. 配管を移動させる
  4. 床材を直す
  5. 洗濯パンを取り付け

イラストはわかりやすいように排水トラップを交換、排水位置を変えてのイメージです。工事期間は、半日~1日あれば完成です。

洗濯パンのサイズを変えると床の張り替えが必要な場合もあります。

洗濯パンの交換、工事内容

Before

二層式洗濯機,洗濯パン

洗濯パン交換の施工イメージです。
今回は二層式の洗濯パンを交換します。
最近はドラム式が流行りですからね。

After

ドラム式洗濯機,洗濯パン

洗濯パンを交換して、ドラム式洗濯機を設置しました。
これで、毎日の洗濯が少し楽になりそうです。

洗濯パン交換、見積もり費用

洗濯パン交換の見積もりはこんな感じです。

項目 詳細 金額
商品代 洗濯パン、排水トラップ 12,000円
設備工事 配管移設、洗濯パン交換 25,000円
諸経費 交通費、駐車場代、残材処分など 8,000円

これを合計すると、4万5千円です。
水栓を移動させると、プラスで1万5千円ほどはかかります。
ちなみに、同時に洗面台を交換すると割安になりますよ。

永山
永山
安くしたいなら「依頼する業者選び」が一番重要です

【Q&A】洗濯パンのよくある質問

洗濯パンは必要なの?

「洗濯パンは何のためにあるのか?」という根本的な話をしておきますね。
洗濯パンの目的は水漏れ防止のリスクヘッジです。

漏水して床下が濡れたり、マンションなら階下に水漏れしないためです。
なので、無くても洗濯機は使えますが、ある方が安心ですよね。

そして、洗濯パンの排水溝の掃除は定期的にしておきましょう。
汚れがためると排水が上手くいかず、洗濯パンにあふれ出す可能性もありますよ。
( ほとんどの人は掃除なんて面倒でしてませんけどね )

洗濯パンのサイズ、種類は色々あるの?

今回の洗濯パンサイズは、74cm×64cmです。
小さいサイズだと、64cm×64cmの正方形もあります。

  • LIXIL
  • カクダイ

他にも色んなメーカーがありますが、
この2つがよく使われてますね。

洗濯パンは、DIYで交換できる?

よくある質問として答えておきますね。
今と同じサイズで同じ商品であれば、洗濯パンの交換はそれほど難しくありません。

念のためパッキンを交換して、取り外した順番に再度取り付けするだけです。
ただし締め付けが甘かったり、逆に強く締め付けすぎると、漏水の原因になります。

この力加減が、プロでないとイマイチわかりません。
漏水の検査も床下点検庫がないと確認できませんからね。

一軒家ならまだしも、マンションだと漏水のリスクが恐いです。
万が一の漏水した場合を考えると、業者に依頼するほうが無難ですね。

洗濯止水栓の移動は必要なの?

二層式洗濯機の場合、洗濯水栓(水道)の位置が低い場合が多いです。

ドラム式の場合、そのままだと水栓が洗濯機に当たります。
水栓を移動すれば良いですが、壁の補修費用がかかります。

予算を抑えるなら、露出配管で、水栓を移動させます。
この水栓なら、最小限の費用で済みますよ。

排水トラップの中の部分は交換できる?

排水トラップは、汚れが溜まるので定期的に掃除したほうが良いですね。
汚れが詰まると排水が流れず、洗濯機が途中停止することもあります。
洗濯機の故障?と思ったら、排水が詰まってるケースもありますよ。

排水トラップの中の部品が壊れたら、排水の臭いが逆流してきます。
商品の品番がわかれば、中の部品だけ取り寄せできるかもしれません。
排水トラップの中の部分の交換は、業者でなくても普通に交換できますよ。

賃貸で洗濯機が合わない場合はどうする?

賃貸だと洗濯パンが小さくて、洗濯機が合わないケースもあります。
基本的には、洗濯パンに合わせて洗濯機を用意しないといけません。
ですが、ダメ元で家主に交渉するのが良いですね。

優しい大家さんなら「古い洗濯パンだからねー」と交換してくれるかもしれません。
あまり期待はできませんが、洗濯機を買い直す出費は痛いですからね。

まとめ

最後にまとめると、

  • 洗濯パン交換の費用は、4万~6万円ぐらい
  • 工事期間は、半日~1日で完成
  • 洗濯パンの位置を変えると費用は高くなる

洗濯パンの交換自体は簡単ですが、漏水するリスクは必ずあります。
業者によっては安く交換できるので、複数の業者に相談してみましょう。

ちなみに、見積もりして「はい、お願いします」ではダメで、
こっちの予算に合わせてもらう工夫が必要なんですよ。
この前提を間違っている人が意外と多いです。

予算を抑える、安くリフォームする3つの方法




このページの先頭へ