階段下を収納リフォーム、費用はどれくらい?

階段下の収納リフォーム、費用はどれくらい?
  • 階段下のデッドスペースを有効活用したい
  • 一応物は置いてるけど、見た目も微妙だし扉をつけたい

こんな感じで、階段下スペースを収納にしたい人は多いです。
では、階段下の収納リフォーム費用はどれくらいか?

結論をいうと、10万~20万円ぐらいはかかります。
もちろん、どんな収納をつくるかで金額も違いますけどね。

それでは、具体的にお話しをしていきます。


スポンサードリンク

階段下を収納リフォーム、工事内容

階段下を収納にする方法は2つあって、

  • 前方に壁をふかして扉をつける方法
  • 開口部分に扉をつける方法

ですね。

言葉だけで説明が難しいので、イメージで確認していきます。

Before

こちらは階段下のスペース。
これだけ広い空間なら、物を無造作に置くのは当然ですね。

After(引き戸)

この階段下に引違い戸をつけるとこんな感じです。
前方に壁をふかして扉をつける方法」ですね。

中の物が見えないので、やっぱりスッキリしますね。

中の内部収納はこんな感じで区切ってます。
間仕切り壁をつくって、棚を細かく作っています。
「何を収納するか」が具体的に決まってたら、効率的に収納できますね。

After(開き戸)

引き戸でなく、観音開きの扉ならこんな感じです。
使いやすい扉をつけるのが良いですね。

扉を取り外すとこんなイメージ。

さっきと同じで壁と棚で細かく区切ると、綺麗に物が収納できます。

Before

次は壁をふかさないで、「開口部分に扉をつける方法」です。
壁が天井までなく、階段手すりがあるので壁をふかすのが難しいんですね。

After

この方法だと扉が小さくて、少し物の出し入れがしにくいです。
ですが廊下が狭くならないので、無難に扉をつけるなら良い方法ですね。

階段下を収納リフォーム、工事期間

  1. 収納棚取り付け
  2. 壁造作、扉取り付け
  3. 壁紙クロス張り

という流れです。

工事期間は、2日~3日あれば完成です。

階段下を収納リフォーム、見積もり費用

階段下の収納リフォーム、見積もりはこんな感じです。

項目 詳細 金額
養生費 養生テープ、エコフルボード 10,000円
材木代 野材、石膏ボードなど 6,000円
商品代 収納棚、引き違い扉など 82,000円
大工工事 収納棚取り付け、収納扉取り付け 40,000円
内装工事 壁紙クロス張り 40,000円
廃材処分費 発生廃材処分、運搬費 8,000円
諸経費 交通費、駐車場代など 10,000円

これを合計すると、19万6千円です。

小さい扉をつけるだけなら、10万以下に抑えることも可能ですね。
(階段下の形によっては、簡単につけれる場合もあります)

まとめ

最後にまとめると、

  • 階段下の収納リフォーム費用は、10万~20万円ぐらい
  • 工事期間は2日~3日あれば完成
  • 何を収納するかで、収納造作の内容が変わる

という感じです。

階段は玄関廊下から見える部分なので、見た目も重要ですよね。
収納の機能面と見た目、バランスの良い提案をしてくれるかは業者次第。
複数の業者を比較して、慎重に業者選びをしましょうね。

ちなみに、見積もりして「はい、お願いします」ではダメで、
こっちの予算に合わせてもらう工夫が必要なんですよ。
この前提を間違っている人が意外と多いです。

【参考】予算を抑える、安くリフォームする3つの方法




スポンサードリンク

このページの先頭へ