床の間を収納リフォーム、費用はどれくらい?

床の間を収納リフォーム、費用はどれくらい?
  • お客さんがあまり来ないから、床の間より物置きに変えたい
  • 家に物が多いので、少しでもスッキリさせたい

こんな感じで、床の間を収納に変える人も多いです。
では、床の間の収納リフォーム費用はどれくらいか?

結論をいうと、6万~15万円ぐらいはします。
もちろん、どんな収納にするかで金額は違いますけどね。

それでは、具体的にお話しをしていきます。


スポンサードリンク

床の間を収納リフォーム、工事内容

Before

では、この正面にある床の間を改造していきます。
客間として使ってないので、特に飾り物は置いてないですね。

After

オーソドックスに、押入れのように「中段・枕棚」を取り付け。
上から垂れ壁があるので、枕棚はできるだけ低い位置に設置しました。
使いやすい収納にするなら、垂れ壁を撤去しても良いですね。

和室なので、襖の引違い戸を取り付け。
これで、押入れの完成ですね。

こちらは、クローゼット扉のパターン。
折れ戸であれば、扉を全開にできるので大きい物の出し入れが簡単です。
(見た目は和室なので違和感ありますけどね)

こちらは垂れ壁を撤去して、上までクローゼットにしたパターン。
この内容であれば、「押入れからクローゼットに変更」を参考にしてください。

床の間を収納リフォーム、工事期間

  1. 収納棚取り付け
  2. 扉の取り付け

という流れです。

工事期間は、2日ぐらいで完成です。

床の間を収納リフォーム、見積もり費用

床の間を収納リフォーム、見積もりはこんな感じです。

項目 詳細 金額
商品代 収納棚、クローゼットなど 72,000円
大工工事 収納棚取り付け、クローゼット扉取り付け 50,000円
廃材処分費 発生廃材処分、運搬費 5,000円
諸経費 交通費、駐車場代など 10,000円

これを合計すると、13万2千円です。
扉を取り付けしなければ、費用は半分以下になりますね。

まとめ

最後にまとめると、

  • 床の間の収納リフォーム費用は、6万~15万円ぐらい
  • 工事期間は2日ぐらいで完成
  • 何を収納するかで、収納造作の内容が変わる

という感じです。

客間として使うなら、床の間があるほうが良いですが、
実際は収納として使うほうが機能性は高いです。

とはいえ、適当に収納を作っても正直あまり便利にはなりません。
業者を比較して、良い提案をしてくれる業者に依頼しましょうね。

ちなみに、見積もりして「はい、お願いします」ではダメで、
こっちの予算に合わせてもらう工夫が必要なんですよ。
この前提を間違っている人が意外と多いです。

【参考】予算を抑える、安くリフォームする3つの方法




スポンサードリンク

このページの先頭へ