ウォシュレットの取り付け、費用はどれくらい?

ウォシュレット取り付け,費用
  • 今が普通の便座なので、ウォシュレットをつけたい
  • ウォシュレットが壊れたので、新しく交換したい

ウォシュレットは便利な反面、機械なので故障で交換するケースも多いです。
では、ウォシュレットの取り付け費用はどれくらいか?

結論をいうと、3万~8万円ぐらいはします。
とはいえ、商品で金額が全然違うので10万を超えるケースもありますけどね。

それでは、具体的なお話しをしていきます。

ちなみに「ウォシュレット」は、TOTOの商品名です。
総称だと温水洗浄便座というのが正しいですね。


スポンサードリンク

ウォシュレット取り付け、工事内容

Before

普通の便座がついてます。
コンセントもないので、電気配線をしてウォシュレットを取り付けします。

After

ウォシュレットをつけると、壁にリモコンがつきます。
商品によっては、本体にリモコンがついてる物もありますね。

あくまでイメージなので、コンセントや止水栓はありません

ウォシュレットの選び方

ウォシュレットは、全メーカーから探すと意外と量が多いです。
なので、簡単にウォシュレットの選び方を説明します。

  • 便器主体で選ぶ
  • 機能性で選ぶ

この2つをベースに選んでいきます。

便器主体で選ぶ

便器本体の種類によって、「選べるウォシュレットに制限」があります。
これは、便器によってサイズが違うからですね。

便器と便座のサイズが合えば、メーカーが違っても取り付けはできます。
ですが、個人的には「同一メーカーで選ぶ」のをお薦めします。
理由はこの2つです。

  • 便器とウォシュレットの色が合わない
  • 少し便座がずれる感じがする

色が合わないのは当然として「便座がずれる感じがする」場合もあります。
単純にメーカーの相性みたいなものですね。

取り付けはできても、少しサイズ感が合ってないんですね。
ということは、便座に負荷がかかってるということです。
なので将来的に「便座の部品が割れたりするかも」と個人的には思ってます。

機能性で選ぶ

同一メーカーで、サイズも問題なし。
その次に、大事なのが機能面です。

  • 節電機能があるのか
  • 掃除はしやすいのか
  • 瞬間式なのか、貯湯式なのか

この機能の良し悪しで、費用も変わってきます。
そして、大事なのが「瞬間式か貯湯式か」です。

瞬間式は「使うときだけ水を温める」のに対して、
貯湯式は「タンクに水を温めて保温」しています。

ランニングコストを抑えるなら、瞬間式のほうが節約になります。
ですが瞬間式は、瞬間的に使う電気量が大きいので専用回路のコンセントが必要です。

その場合は、ブレーカーから新しく電気配線を引っ張ってきます。
そうなると工事費が高くなる可能性もあるので注意しましょう。

ウォシュレットの取り付け、見積もり費用

ウォシュレットの取り付け、見積もりはこんな感じです。

項目 詳細 金額
商品代 ウォシュレット 40,000円
設備工事 ウォシュレット取り付け 15,000円
諸経費 交通費、駐車場代、廃材処分費 8,000円

これを合計すると、6万3千円です。

電気コンセントがなければ、電気工事で1万~2万ぐらいはプラスになります。
予算を抑えるなら、2万以下のウォシュレットを選ぶのもアリですね。

まとめ

最後にまとめると、

  • ウォシュレット取り付けの費用は、3万~8万円ぐらい
  • 工事期間は、半日ほどで完成
  • 商品グレードによって金額が大きく違う

という感じです。

ちなみに予算を抑えるなら、自分で交換するのもアリですね。
漏水リスクもありますが、丁寧に作業すればそれほど難しくはありませんよ。

ちなみに、見積もりして「はい、お願いします」ではダメで、
こっちの予算に合わせてもらう工夫が必要なんですよ。
この前提を間違っている人が意外と多いです。

【参考】予算を抑える、安くリフォームする3つの方法




スポンサードリンク

このページの先頭へ