トイレに腰壁パネル張り、費用はどれくらい?

トイレに腰壁パネル張り、費用はどれくらい?
  • トイレをあまり汚したくない
  • 掃除がしやすいトイレにしたい

と、トイレに腰壁パネルを検討する人も多いです。
では、トイレの腰壁パネル張り費用はどれくらいか?

結論をいうと、6万~10万円ぐらいはします。
もちろん、パネルのグレードや張る面積によっても変わります。

それでは、具体的にお話しをしてきます。


スポンサードリンク

トイレ腰壁パネルの種類

張る腰壁パネルの種類は色々ありますが、トイレではこの2種類が多いですね。

  • メラミン樹脂素材
  • ビニル樹脂素材

メラミン樹脂は掃除がしやすく、ビニル樹脂は壁紙に比べると耐久性が高いです。
メラミン樹脂のほうが高いですが、清掃面を考えるとメラミン樹脂が良いですね。

ちなみにキッチンパネルは不燃素材なので、普通はトイレに張りません。
値段が少し安い、サニタリーパネルを張るのがお薦めです。

アイカ タフウォールS

アイカのタフウォールSはメラミン樹脂素材で、サニタリーパネルとも言われます。
汚れが拭きやすいので、トイレの掃除が楽になりますね。

サンゲツ 腰壁シート

腰壁シートはビニル樹脂素材で、壁紙を傷つけたくない、という人にお薦めです。
車椅子を使う人であったり、小さい子供がいる家に使うのが良いです。
トイレよりかは廊下に張ることが多いですね。

トイレ腰壁パネル張り、工事内容

Before

トイレ,腰壁パネル,工事前

普通の壁紙が張ってるトイレですね。
このトイレに腰壁パネルを張っていきます。

After

トイレ,腰壁パネル,工事後

ベージュ系の腰壁パネルを張りました。
メラミン素材なので、これで掃除がしやすくなります。

トイレ,腰壁パネル,工事後,アクセントクロス

他にも、壁紙クロスを張り替えるとこんな感じですね。
アクセントクロスとかを使うと、デザイン性も高くなります。

トイレ,腰壁パネル,工事後

こちらは、洋室とかに使うデザイン性の高い腰壁パネルです。
パネルに凹凸があるので清掃性は下がりますが、オシャレな空間になりますよ。

トイレ腰壁パネル張り、工事期間

  1. トイレタンク仮取り外し
  2. 腰壁パネル張り
  3. トイレタンク再取り付け

という感じです。

トイレはできれば、本体ごと外すほうが工事しやすいです。
ですが腰壁パネルを張るだけなら、タンクのみ外すのが安上がりです。

工事期間は、1日あれば完成です。

トイレ腰壁パネル張り、見積もり費用

トイレ腰壁パネルの見積もりはこんな感じです。

項目 詳細 金額
養生費 養生テープ、エコフルボード 5,000円
商品代 サニタリーパネル、専用部材など 30,000円
大工工事 パネル加工取付費、タンク脱着 30,000円
廃材処分費 法規処分、搬出運搬 5,000円
諸経費 交通費、駐車場代など 5,000円

これを合計すると、8万円です。
張る素材や面積で金額も変わってきます。

まとめ

最後にまとめると、

  • トイレ腰壁パネルの費用は、6万~10万円ぐらい
  • 工事期間は1日あれば完成
  • パネルの素材を何にするか、が重要

という感じです。

パネルの素材で、掃除のしやすさや金額も変わります。
なので優先順位を決めて、どの素材を選ぶかを検討しましょう。

ちなみに、見積もりして「はい、お願いします」ではダメで、
こっちの予算に合わせてもらう工夫が必要なんですよ。
この前提を間違っている人が意外と多いです。

【参考】予算を抑える、安くリフォームする3つの方法




スポンサードリンク

このページの先頭へ