狭い玄関を広くする、リフォーム費用はどれくらい?

狭い玄関を広くする、費用はどれくらい?
  • 玄関が狭すぎて、何も物を置けない
  • もう少し玄関が広ければスッキリするのに

と、狭い玄関にストレスを感じてる人は多いです。
では、狭い玄関をリフォームする費用はどれくらいか?

結論をいうと、少なくとも10万円以上はかかります。
間取りを変更する工事は、基本的にあまり安くはありません。

それでは、具体的にお話しをしていきます。


スポンサードリンク

狭い玄関を広くする、工事内容

Before

今回の施工例は、マンションで良くみる間取りですね。
両サイドに4畳半~6畳ぐらいの洋室があります。

この斜めからの角度でみると、本当に狭いのがわかります。
(わかりやすいように前にある壁は透かしてます)

靴が脱ぎっぱなしだと、本当に何も物が置けない状態ですね。

After

こちらが工事後のイメージです。
横の洋室の壁をずらすことで、玄関を広くしました。
洋室が狭くなるデメリットもありますが、玄関が広いのはやっぱり良いですね。

これだけ広くなれば、少しは物を仮置きできます。
もう一つ提案すると、横の洋室が物置き状態なら、シューズクロークにしても良いですね。

狭い玄関を広くする、工事期間

  1. 壁、床の解体
  2. 壁の新設
  3. 玄関床の下地補修
  4. クロス張り、フロアタイル張り

という流れです。

玄関の床は、マンションであればフロアタイルも一般的です。
本物のタイルにすると、金額も高くなりますね。
工事期間は、3日ぐらいで完成です。

狭い玄関を広くする、見積もり費用

狭い玄関のリフォーム、見積もりはこんな感じです。

項目 詳細 金額
養生費 養生テープ、養生シート 5,000円
材木費 野材、石膏ボード 8,000円
大工工事 間仕切り壁解体、壁下地造作 50,000円
左官工事 玄関土間補修 15,000円
内装工事 壁紙クロス張り、フロアタイル張り 50,000円
廃材処分費 発生廃材処分、運搬費 15,000円
諸経費 交通費、駐車場代など 10,000円

これを合計すると、15万3千円かかります。
壁に電気コンセントがあれば、電気工事も必要になりますね。

まとめ

最後にまとめると、

  • 狭い玄関のリフォーム費用は、少なくとも10万円以上はかかる
  • 工事期間は、3日ぐらいで完成
  • 間取り変更の提案内容は業者によって違う

という感じです。

間取り変更は自由度が高いので、色んな方法があります。
そのため業者によって言っている内容も結構違います。
その分、金額にも差があるので比較検討するのが大事ですよ。

ちなみに、見積もりして「はい、お願いします」ではダメで、
こっちの予算に合わせてもらう工夫が必要なんですよ。
この前提を間違っている人が意外と多いです。

【参考】予算を抑える、安くリフォームする3つの方法




スポンサードリンク

このページの先頭へ