ピアノを置く、床補強の費用は?【垂直荷重を下から支えるだけです】

ピアノを置く、床補強の費用
  • ピアノを置きたいけど、重いので床の状態が心配
  • 簡単に補強ができるなら補強したいけど

大きいピアノであれば、床の補強はするにこしたことありません。
では、ピアノ設置の床補強費用はどれくらいか?

結論をいうと、3万円前後ぐらいはかかります。
もちろん、どのような方法で補強するかで金額は違いますけどね。

それでは、具体的にお話しをしていきます。

スポンサードリンク

ピアノの床下補強の方法

ピアノ床補強,分散荷重にする,集中荷重を下から支える

こわいのは「ピアノの荷重で床が抜ける」こと。
なので、単純にピアノの脚にかかってる荷重を、

  1. 分散荷重にして、負荷を分散させる
  2. ピアノの足元を補強して、集中荷重を支える

という方法のどちらか、もしくは併用するのが良いですね。
分散荷重を分散させるのは、ピアノの下に板をひけばオッケー。
ピアノ用 床補強ボードも売ってるので一番手軽な方法です。

ピアノ床補強,鋼製束

床下を補強する方法は、色々ありますが鋼製束を取り付けするのが簡単ですね。
横に渡ってる木材(大引き)の下から鋼製束で支えます。

床下に潜れたら簡単にできますが、スペースがないなら床下に開口をあけます。
開口をあけるので、床の張り替えや上張りが必要になってきますね。

ピアノ設置の床補強、工事内容

Before

それでは、工事のイメージをみていきます。
リビングの一角にピアノを設置していきますね。

After

床補強の方法は、大引きの下から鋼製束で支えます。
取り付けは簡単で、小一時間あれば完了します。

ですが、床下に潜れないなら床に開口をあけないといけません。
その場合、床材の張り替えが必要になってきます。
フローリングの張り替えフロアタイルの上張りですね。

フローリングの張り替えをするなら、家具の移動も必要です。
なので、このタイミングで壁紙を張り替えるのもアリですね。

アクセントクロスにするだけで、雰囲気も変わります。
ピアノが合うような部屋に変えると高級感がでそうですね。

スポンサードリンク

ピアノを設置、床補強の見積もり費用

ピアノの床補強、見積もりはこんな感じです。
床下に入れて、鋼製束を入れるだけの場合ですね。

項目 詳細 金額
材木費 構成束 5,000円
大工工事 鋼製束取り付け 15,000円
諸経費 交通費、駐車場代など 5,000円

これを合計すると、2万5千円です。
人件費の割合いが大きいので、業者によって金額は結構違いますよ。

まとめ

最後にまとめると、

  • ピアノ設置の床補強費用は、3万円前後ぐらい
  • 工事期間は、半日ぐらい
  • 床下に入れないなら、床の張り替えが必要

という感じです。

床の張り替えが必要なら、プラスで10万円ほどはかかってきますね。
業者によって提案内容も違うので、見積もりの比較が必要ですよ。

ちなみに、見積もりして「はい、お願いします」ではダメで、
こっちの予算に合わせてもらう工夫が必要なんですよ。
この前提を間違っている人が意外と多いです。

【参考】予算を抑える、安くリフォームする3つの方法




このページの先頭へ