玄関ドアを引き戸に交換、費用はどれくらい?

玄関ドアを引き戸に交換、費用はどれくらい?
  • 開きドアだと開け閉めがしにくい
  • 高齢者にも使いやすい引き戸にしたい

と、同居する親御さんのことを考えて引き戸にする家庭も多いです。
では、玄関ドアを引き戸にする費用はどれくらいか?

結論をいうと、35万~45万円ぐらいはします。
もちろん、玄関引き戸のサイズやグレードで変わりますけどね。

それでは、具体的にお話しをしていきます。

スポンサードリンク

玄関ドアを引き戸にする、工事のイメージ

Before

玄関ドア,開き戸

こちらが古い玄関開き戸です。

After

玄関引き戸

玄関引き戸にするとこんな感じです。
開け閉めが楽になるので、高齢者がいる家庭にお薦めですね。

ちなみに、リフォームの場合は「カバー工法」と呼ばれる工事方法が一般的です。
工事期間も短縮できるので、費用を抑えることにも繋がります。

当然、玄関開き戸のまま新しく交換することもできますよ。

玄関引き戸

デザインが違うと印象も大きく変わります。
色や扉のデザインが豊富なので、外観に合わせて選びましょう。

アウトセット玄関引き戸の代表的な商品は、
YKK APの「ドアリモ」が認知度があり有名ですね。

スポンサードリンク

玄関ドアを引き戸にする、工事の流れ

  1. 古いドアの取り外し
  2. 新しい引き戸枠を取り付け
  3. 玄関引き戸の取り付け

という流れです。

工事自体は、1日もあれば完成です。
無駄な解体がいらない「カバー工法」のメリットですね。

玄関ドアを引き戸に交換、見積もり費用

玄関引き戸に交換する見積もりはこんな感じです。

項目 詳細 金額
商品代 玄関引き戸 YKK AP ドアリモ 280,000円
サッシ工事 玄関引き戸交換 60,000円
廃材処分費 解体廃材処分費 20,000円
諸経費 交通費、駐車場代 10,000円

これを合計すると、37万円です。
玄関引き戸は、普通の開き戸に比べると金額が高くなるケースが多いです。

正直いうと、人件費は業者によって違いが大きいです。
なので、複数の業者を比較するのがお薦めです。

まとめ

最後にまとめると、

  • 玄関引き戸への交換の費用は、35万円前後ぐらいはかかる
  • 工事期間は、カバー工法なら1日で完成
  • 業者によって人件費が大きく違う

という感じです。

玄関開き戸の交換に比べて、引き戸に交換するケースは少ないです。
なので、「業者の経験値」にも差があるので、業者選びには注意しましょう。

ちなみに、見積もりして「はい、お願いします」ではダメで、
こっちの予算に合わせてもらう工夫が必要なんですよ。
この前提を間違っている人が意外と多いです。

【参考】予算を抑える、安くリフォームする3つの方法




このページの先頭へ

3ヵ月でクビ宣告。その後、リフォーム経営者になった物語
プロフィールをみる
3ヵ月でクビ宣告。その後、リフォーム経営者になった物語
プロフィールをみる