暖房便座の取り付け費用は?【各メーカーの値引き率あり】

暖房便座の取り付け、費用はどれくらい?
  • 普通の便座が冬だと冷たい
  • 温かくなる便座をつけたい
  • 暖房便座は値段が高いのか

という疑問にお答えしていきます。
ウォシュレットの機能はいらないけど、という人に暖房便座は最適。
では、暖房便座の取り付け費用はどれくらいか?

結論をいうと、1万~3万円ぐらいはします。
もちろん、電気コンセントの有無で金額も変わります。

それでは、具体的にお話しをしていきます。

洗浄できる温水洗浄便座(ウォシュレット)は別ページで解説しています。
【参考】ウォシュレットの取り付け費用は?

スポンサードリンク

暖房便座取り付けの注意点

暖房便座

暖房便座は、本当にシンプルな機能しかありません。
普通の便座がただただ温まるだけ。
なので費用も手頃で、器用な人なら簡単に取り付けできます。

注意するのは「電気コンセントがあるか」です。
電気コンセントを新しく配線すると、最低1万円以上は追加。
ですが、延長コードを使えば費用もかかりません。
(見た目は良くないですが、廊下や洗面所から延長してる人は多いですね)

あと、できれば便器と同じメーカーの便座にすると相性が良いです。
違うメーカーだとサイズが違いすぎて違和感がでる可能性もあります。

暖房便座の各メーカー値引き率

おおそよの各メーカー、暖房便座の値引き率をグラフ化しました。

メーカー 商品名 値引き率(通常期) 値引き率(キャンペーン期)
LIXIL 暖房便座 50%OFF 前後 60%OFF
TOTO ウォームレットS・G 40%OFF 前後 50%OFF
三栄 前丸暖房便座 50%OFF 前後 60%OFF

説明はいりませんね、こんな感じです。
キャンペーンは、工務店が売上をあげたいときに実施する値引きですね。
気になる工務店やリフォーム業者がいるなら、定期的なチェックをお薦めします。

ですが、商品の値引き率はあくまでも参考にしかなりません。
リフォーム費用は「商品代+工事費」で成り立ちます。
商品の値引きがよくても「工事費が高い」こともあるので注意してください。

暖房便座の取り付け、見積もり費用

暖房の取り付け、見積もりはこんな感じです。

項目 詳細 金額
商品代 暖房便座 10,000円
工事費 暖房便座取り付け 8,000円
諸経費 交通費、駐車場代、廃材処分費 2,000円

これを合計すると、2万円です。

工事自体は、1時間ほどあれば簡単に交換できます。
電気コンセントがなければ、電気工事で1万~2万ぐらいはプラスになります。

まとめ

最後にまとめると、

  • 暖房便座取り付けの費用は、1万~3万円ぐらい
  • 工事期間は、1時間ほどで完成
  • 電気コンセントの有無で金額が変わる

という感じです。

ちなみに予算を抑えるなら、自分で交換するのもアリですね。
漏水リスクもないので、丁寧に作業すればそれほど難しくはありませんよ。

ちなみに、見積もりして「はい、お願いします」ではダメで、
こっちの予算に合わせてもらう工夫が必要なんですよ。
この前提を間違っている人が意外と多いです。

【参考】予算を抑える、安くリフォームする3つの方法




このページの先頭へ

3ヵ月でクビ宣告。その後、リフォーム経営者になった物語
プロフィールをみる
3ヵ月でクビ宣告。その後、リフォーム経営者になった物語
プロフィールをみる