オープンクローゼットをリフォーム、費用はどれくらい?

オープンクローゼットのリフォーム費用はどれくらい?
  • ドアの開閉がいらないオープンクローゼットが欲しい
  • オープンクローゼットで部屋を間仕切りたい

オープンクローゼットは使い方によっては、間仕切りも兼用できて便利です。
では、オープンクローゼットの費用はどれくらいか?

結論をいうと、15万~20万円ぐらいはします。
もちろん、どんな収納にするかで違いますけどね。

それでは、具体的にお話しをしていきます。

スポンサードリンク

オープンクローゼットの工事内容

Before

広すぎる寝室に、オープンクローゼットの収納をつくっていきます。
クローゼット新設ではなく、行き来のしやすい広い収納です。

After

まずは簡単に間仕切り壁をつくってみました。
奥の小さい空間に収納をつくり、オープンクローゼットにします。

ちなみに、壁のクロスを変えるだけで雰囲気が変わります。
寝室のアクセントクロスは、高級感を演出しやすいですね。

ベッドや家具を置くと、こんな感じになります。
間仕切りのゾーニング分けは、寝室の生活感を減らす効果があります。

オープンクローゼットはこんな感じです。
どんな収納にするかは、完全にあなたの自由です。
リフォーム費用を抑えるなら、市販品の収納を置いても良いですね。

収納家具の色を変えるだけで印象も変わりますね。
オープンにしてるので、テイストは部屋の空間に合わせるのが無難です。

スポンサードリンク

オープンクローゼットの見積もり費用

オープンクローゼットのリフォーム、見積もりはこんな感じです。

項目 詳細 金額
養生費 養生テープ、養生シート 5,000円
材木費 野材、石膏ボード等 10,000円
商品代 収納パーツ 35,000円
大工工事 間仕切り壁造作 50,000円
収納パーツ取り付け 25,000円
内装工事 壁紙クロス張り 35,000円
廃材処分費 発生廃材処分、運搬費 10,000円
諸経費 交通費、駐車場代など 10,000円

これを合計すると、18万円です。
収納造作の方法によって、金額も変わってきます。

まとめ

  • オープンクローゼットのリフォーム費用は、15万~20万円ぐらい
  • 工事期間は、3日ぐらいで完成
  • 広すぎる部屋を間仕切るのに使いやすい

という感じです。

自由度の高い収納なので、どんな収納にするかは悩みやすいです。
なので、収納に詳しい業者にアドバイスをもらうのがお薦めですね。

ちなみに、見積もりして「はい、お願いします」ではダメで、
こっちの予算に合わせてもらう工夫が必要なんですよ。
この前提を間違っている人が意外と多いです。

【参考】予算を抑える、安くリフォームする3つの方法




このページの先頭へ