バリアフリートイレにする価格は?【30万~50万円】

こんにちは、永山です。
リフォーム業歴は12年で、これまで800件以上の現場を経験してきました。

これからお話しするのは、

  • 和式のトイレで高齢者だと不便
  • 段差のない使いやすいトイレにしたい

といった「バリアフリートイレの価格」についてです。

まず前提として、工務店よって見積もり金額は違うのだけ覚えておいてください。
商品の仕入れ値や人件費、会社の利益率も変わるので当然といえば当然です。

ですが僕自身リフォーム経営、営業経験の中で商社やメーカー、業界内の知り合いも多いので、ここでの話は実際それほど誤差はないと思います。

では結論をいうと、バリアフリートイレに変更は30万円以上かかります。
もちろん、どんな工事をするかで金額は変わりますけどね。

では、具体的な工事内容をお話ししていきます。

バリアフリートイレ、工事内容

和式トイレ 

開き戸で、段差がある和式トイレです。
段差で転倒しない、使いやすい引き戸に変えていきます。
自然と洋式トイレが理想的になりますね。

洋式トイレ,片引き戸,バリアフリー 

段差をフラットにして、片引き戸に変えました。
他にも、バリアフリーに重要な手すりが欲しいですね。
反対の視点から見てみましょう!

洋式トイレ,L型手すり,手洗い器 

L型の手すりをつけてみました。
トイレから立ち上がるときに、すごく楽になります。
手すりの位置は、人それぞれ違うので、
デパートなどのトイレを使って試してみましょう!

あと、手洗い器もつけましたよ。
トイレから立ち上がって、すぐに手洗いができます。
トイレ本体の手洗いだと、振り返る必要がありますよね。
少しでも、身体の負担を軽くしてあげましょう。

理想をいえば、車椅子用の広いトイレにしたかったけど、
間取り的に難しかったですね。

トイレバリアフリー工事、見積もり費用

今回の工事、見積もりはこんな感じです。
和式トイレから洋式トイレの交換に、
片引き戸の取付、手洗い器と手すりの取付をプラスするイメージですね。

項目 詳細 金額
養生費 養生テープ、エコフルボード 8,000円
材木費 野材、合板など 10,000円
商品代 洋式トイレ、温水洗浄便座 72,000円
手洗い器、L型手すり 55,000円
片引き戸 22,000円
解体工事 トイレ、床解体、開き戸解体 45,000円
設備工事 配管移設、トイレ&手洗い器取付 65,000円
大工工事 床木下地組み、片引き戸取付 60,000円
電気工事 コンセント新設 18,000円
内装工事 クロス、クッションフロア張り、廊下補修 35,000円
廃材処分費 廃材運搬など 20,000円
諸経費 交通費、駐車場代 20,000円

これを合計すると、43万円です。
もし予算があるなら、吊り戸やニッチ収納をつけても良いですね。
あとは、腰の位置までサニタリーパネルを貼ると掃除もしやすいです。

永山
永山
安くしたいなら「依頼する業者選び」が一番重要です

まとめ

今回のバリアフリートイレは、ほんの一例です。
使う人の数だけ、使いやすいトイレはありますからね。
使いやすいトイレにすると、基本的に費用は高くなります。

国や市の助成金、補助金で工事できる場合もあるので、
お得な情報にはアンテナを立てておきましょう!

ちなみに、見積もりして「はい、お願いします」ではダメで、
こっちの予算に合わせてもらう工夫が必要なんですよ。
この前提を間違っている人が意外と多いです。

【参考】予算を抑える、安くリフォームする3つの方法




このページの先頭へ