和式トイレから洋式トイレに交換、費用はどれくらい?

和式トイレだと座って立つのも大変だし、
タイル目地の汚れが気になる・・
と、洋式トイレに交換したい人も多いでしょう。

では、和室トイレから洋式に交換する費用はどれくらいかかるでしょうか?
結論をいうと、最低でも20万円以上はかかります。

予算を抑えるのに、上に便座をつける方法もありますが、
根本的なリフォームの解決方法とは言えません。

では、具体的な工事内容をお話ししていきます。


スポンサードリンク

和式トイレから洋式トイレに交換、工事内容

和式トイレ

よくある和式トイレですね。
床と腰壁がタイルで、段差を登った所に便器があります。
では、ここから洋式トイレにリフォームします。

洋式トイレ

あっというまに洋式トイレに変身です。
実際は、工期も3日以上かかりましたが。

床をクッションフロアにして、バリアフリーに。
腰壁もタイル上からサニタリー用のパネルを貼りました。
あとは、クロスを張り替えて、洋式トイレを取付です。

和式から洋式トイレに交換、見積もり費用

今回の工事、見積もりはこんな感じです。

項目 詳細 金額
養生費 養生テープ、エコフルボード 8,000円
材木費 野材、合板など 6,000円
商品代 洋式トイレ、温水洗浄便座、サニタリーパネルなど 92,000円
解体工事 トイレ、床解体 30,000円
設備工事 配管移設、トイレ取付 45,000円
大工工事 床木下地組み、サニタリーパネル張り 40,000円
電気工事 コンセント新設 18,000円
内装工事 クロス、クッションフロア張り 25,000円
廃材処分費 廃材運搬など 15,000円
諸経費 交通費、駐車場代 15,000円

これを合計すると、294,000円です。
結構大掛かりな費用になりましたね。
トイレを撤去した後は、タイルの床を解体します。
しっかり木地から組み直して、床下地をつくります。

そのときに、洋式トイレ用に排水管や給水管も移動させます。
クッションフロア、サニタリーパネル、クロスを貼って、
洋式トイレに温水洗浄便座も取付します。

工期は、実働3日間かかりました。
2階にもトイレがあったので、お住まいされながらでも工事できました。
家の環境によっては、工期が前後するので気をつけましょう。

まとめ

和式トイレから洋式トイレにするパターンは色々とあります。
今回のように腰壁タイルにパネルを上貼りする方法もあれば、
タイルを解体してボードとクロスを貼る方法もあります。

他にも、タンクレストイレを取付して、手洗い器をつける、
なんて方法もアリですよね。

高齢者のいる家なら、バリアフリートイレにするのもお薦めです。
あなたのお家に合った方法で、リフォームを検討してみましょう!

ちなみに、見積もりして「はい、お願いします」ではダメで、
こっちの予算に合わせてもらう工夫が必要なんですよ。
この前提を間違っている人が意外と多いです。

【参考】予算を抑える、安くリフォームする3つの方法




スポンサードリンク

このページの先頭へ