浴室に手すりを取り付け、費用はどれくらい?

浴室手すりの取り付け、費用はどれくらい?
  • お風呂の出入りがラクになる
  • 転倒してケガするリスクが減る
  • 高齢者でなくても、あれば便利

と、手すりの効果は意外と大きいです。
お風呂の事故は本当に多いですからね。
では、浴室手すり取り付けの費用はどれくらいか?

結論をいうと、3万~5万円ぐらいはします。
もちろん、手すりの本数によっても違いますけどね。

それでは、具体的なお話しをしていきます。

スポンサードリンク

浴室に手すり取り付け、具体的な工事内容

タテ型手すりの取り付け

縦型手すり,タテ型手すり

ヨコ型手すりの取り付け

横型手すり,ヨコ型手すり

  • 浴槽横、横方向に1本
  • ドア横、縦方向に1本

浴槽横の手すりは、湯船からの立ち上がりに便利です。
浴槽に浸かると、モノを持たないと立ち上がれません。

手すりがなくても「浴槽をつかんで立ち上がる」という人は多いでしょう。
ですが、手すりがあれば、自然と手すりを使うので身体は楽ですよ。

ドア横の手すりは、湯船をまたぐ時に便利です。
最近のユニットバスはまたぎが小さくて楽ですが、手すりがあるとより安心ですね。

浴室手すり取り付けの流れ

後付け手すりの取り付け方法は、

浴室手すり取り付けの流れ

  • コーキング&ビスで取り付け
  • アンカー&ビスで取り付け

の2種類が多いですが、上のイラストはコーキングの方法です。
取り付け時間は、1本2時間ぐらいあれば完了します。

浴室手すり取り付けのお見積り

浴室の手すり取り付け、金額はこんな感じです。

項目 詳細 金額
商品代 後付け手すり2本 15,000円
大工工事 手すり取り付け 25,000円
諸経費 交通費、駐車場代 5,000円

これを合計すると、4万5千円です。
手すりの本数や材質で金額は前後します。

それと、手すりには下地強度が重要です。
後付け手すりは、最初から付ける手すりより強度は低いです。
お風呂がだいぶと劣化してるなら、ユニットバス交換を検討するのもアリですね。

まとめ

最後にまとめると、

  • 浴室手すり取り付けの費用は、3万~5万円ぐらい
  • 工事期間は、1日あれば完成
  • 手すり取り付け浴室交換かを慎重に比較しよう

という感じです。

手すりの取り付け位置は、担当者としっかり打ち合わせしましょう。
間違った場所につけると本当に意味がないですからね。

ちなみに、見積もりして「はい、お願いします」ではダメで、
こっちの予算に合わせてもらう工夫が必要なんですよ。
この前提を間違っている人が意外と多いです。

【参考】予算を抑える、安くリフォームする3つの方法




スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ