造作洗面台のリフォーム費用は?【業者のセンス次第】

こんにちは、永山です。
リフォーム業歴は12年で、これまで800件以上の現場を経験してきました。

これからお話しするのは、

  • メーカー品だと、オシャレな洗面台がない
  • 機能性は多少落ちても、デザインを優先したい
  • 洗面台は毎日使うモノなので、こだわりたい

といった「造作洗面台リフォームの費用」についてです。

まず前提として、工務店よって見積もり金額は違うのだけ覚えておいてください。
商品の仕入れ値や人件費、会社の利益率も変わるので当然といえば当然です。

ですが僕自身リフォーム経営、営業経験の中で商社やメーカー、業界内の知り合いも多いので、ここでの話は実際それほど誤差はないと思います。

では結論をいうと、造作洗面台は15万円以上かかります。
もちろん、どんな洗面台にするかで、金額は全然変わりますけどね。

それでは、具体的なお話しをしていきます。

造作洗面台リフォーム、工事内容

古い洗面台

幅が90cmの洗面台があるお家。
なんの特徴もない、メーカーの洗面台ですね。
では、ここから造作洗面台をつくっていきます。

ナチュラルテイスト

造作洗面台,ナチュラル

万人に人気があるのが、ナチュラルテイストです。
木目もシートや塗装と表現の幅が広く、
ナチュラルといっても奥が深いですよね。

シンプルテイスト

造作洗面台,シンプル

飽きのこないデザイン、ってなるとシンプルなのも良いですね。
タイルでアクセントを入れると、オシャレ感は強くなります。

モダンテイスト

造作洗面台,モダン

モダンテイストも全体を引き締めやすいので、
高級感のある雰囲気にしやすいですね。
壁にアクセントクロスを使うと、また雰囲気が変わります。

造作洗面台,モダン

壁をアクセントで濃い木目にしてみました。
壁紙は種類が多いので、色々と悩みそうですね。

造作洗面台,モダン

こちらは、同じモダンでも収納量が多いタイプ
造作洗面といえば、見た目が大事ですが、
普段の生活には収納力があると、やっぱり便利ですね。

では、次は床の色を変えてみましょう。

造作洗面台,モダン

床を白くするだけで、シンプルな空間になりますね。
造作洗面の主張が強い場合は、床や壁でバランスをとりましょう。

【参考】洗面所の壁紙、床の張替え費用はどれくらい?

造作洗面台リフォーム、工事期間

造作洗面台工事の流れ

  1. 古い洗面台の解体
  2. 配管&電気の移動
  3. 大工の造作工事
  4. 内装&電気の仕上げ
  5. 設備の仕上げ

という流れです。

色んな職人が作業するので、管理次第では日数がかかります。
工事期間の目安は、3日~5日ほどで完成です。

造作洗面台リフォーム、見積もり費用&価格

最終的には、最初のナチュラルテイストを採用しました。
では、費用はどれくらいかかったでしょうか?

項目 詳細 金額
養生費 養生テープ、エコフルボード 5,000円
材木 野材、合板など 6,000円
商品代 天板カウンター 22,000円
洗面ボウル、水栓、鏡など 75,000円
大工工事 洗面キャビネット造作 35,000円
塗装工事 木部塗装仕上げ 22,000円
設備工事 配管仕込み、器具接続 30,000円
内装工事 クロス、クッションフロア張替え 40,000円
廃材処分費 発生廃材処分、運搬など 12,000円
諸経費 交通費、駐車場代、残材処分など 15,000円

これを合計すると、26万2千円です。

造作洗面台は、多数の職人が作業するので人件費がかかります。
人件費を抑えるなら、既製品の洗面台だと金額はかなり抑えれます。

永山
永山
安くしたいなら「依頼する業者選び」が一番重要です

まとめ

最後にまとめると、

  • 造作洗面台の費用は、15万~50万円ぐらい
  • 工事期間は、3日~5日ぐらい
  • 予算とデザイン、実用性のバランスが難しい

結局は、どんな造作洗面台をつくるのか、全体のバランス感覚が本当に大事です。
なので、現場知識に詳しくセンスがある人に相談しないといけません。

ちなみに、見積もりして「はい、お願いします」ではダメで、
こっちの予算に合わせてもらう工夫が必要なんですよ。
この前提を間違っている人が意外と多いです。

予算を抑える、安くリフォームする3つの方法




このページの先頭へ

【期間限定】電子書籍プレゼントキャンペーン!
見積もり金額を30%OFFにする方法