トイレの手洗い器を新設、費用はどれくらい?

トイレの手洗い器を新設、費用はどれくらい?
  • 祖父、祖母が使いやすいトイレにしたい
  • 後ろを振り向かず手洗いができれば便利なのに

こんな感じで、トイレに手洗い器をつける人も多いです。
ではトイレ手洗い器新設の費用はどれくらいか?

結論をいうと、8万~12万円ぐらいはします。
とはいえ、配管の移設方法によって金額は大きく変わってきますけどね。

それでは、具体的にお話しをしていきます。


スポンサードリンク

トイレ手洗い器を新設、工事内容

トイレの手洗い器新設は、給水管と排水管の移設が必要です。
外壁面から配管を露出で移設できれば、内装の張り替えも不要ですね。

家の状況によっては、床や内壁をめくって配管を移設します。
なのでトイレ交換のタイミングで、手洗い器を新設するケースが多いです。

Before

今回手洗い器を新設するのは、このトイレ。
タンクに手洗い器がついてる一般的によくあるトイレですね。

After

手洗い器を新設すると、こんな感じになります。
トイレし終わったら、そのまま手を洗える位置ですね。
以前のように後ろを振り返る必要もありません。

手洗い器にも色んな種類があります。
センサー式で水が自動で出るタイプもありますよ。
その場合は、電気配線も必要になってきます。

予算がある場合なら、一緒にトイレを交換するのがお薦めです。
床や壁から配管を移設する場合なら、壁紙や床材の張り替えも必要ですしね。

トイレ手洗い器を新設、工事期間

  1. 給水管、排水管の移設
  2. 手洗い器の取り付け

という工事の流れです。

場合によっては、床の張替えといった工事も必要になります。
簡単に配管が移設できれば、工事は1日あれば完成です。
床や壁の補修が必要であれば、2日ぐらいですね。

トイレ手洗い器を新設、見積もり費用

今回のトイレ手洗い器新設、見積もりはこんな感じです。

項目 詳細 金額
商品代 手洗い器(普及品) 38,000円
設備工事 配管移設、手洗い器新設 50,000円
諸経費 交通費、駐車場代、残材処分など 10,000円

これを合計すると、9万8千円です。
配管の移設方法、商品によっては値段も前後します。

まとめ

最後にまとめると、

  • トイレ手洗い器新設の費用は、8万~12万円ぐらい
  • 工事期間は、1日~2日ぐらいで完成
  • 家の状況によっては、トイレ全体のリフォームが必要

という感じです。

外壁から配管が移設できれば簡単なんですけどね。
床からの移設だと、床張り替えが必要なので費用は上がります。
とはいえ「点検庫があれば簡単にできる」場合もあるので業者の確認は必須。
業者によって提案や説明が違うので、相見積もりがお薦めですよ。

ちなみに、見積もりして「はい、お願いします」ではダメで、
こっちの予算に合わせてもらう工夫が必要なんですよ。
この前提を間違っている人が意外と多いです。

【参考】予算を抑える、安くリフォームする3つの方法




スポンサードリンク

このページの先頭へ