和式トイレのウォシュレット取り付け費用は?【TOTOスワレットの場合】

和式トイレにウォシュレット取り付け、費用はどれくらい?
  • 和式トイレを洋式にしたいけど予算がない
  • 簡単にウォシュレットだけでも取り付けできないか
  • という疑問にお答えしていきます。
    では、和式トイレのウォシュレット取り付け費用はどれくらいか?

    結論をいうと、6万~10万円ぐらいはします。
    もちろん、電気コンセントがあるかなどで金額も変わります。

    それでは、具体的にお話しをしていきます。

    スポンサードリンク

    和式トイレにウォシュレット取り付けの注意点

    和式トイレにウォシュレットをつけるには、

    • サイズの問題がないか
    • 水道が接続できるか
    • 電気コンセントがあるか

    という3つが重要です。

    和式トイレにつけれるウォシュレットは制限があります。
    代表的なのは「TOTO スワレット」という商品。
    スワレットのサイズに現状の和式トイレが合わないと、設置が難しいです。

    水道は、普通の水洗トイレであれば近くにあるので問題ありません。
    ですが汲み取り式であれば、特殊なケースなので注意が必要です。
    電気コンセントは和式トイレなら、現状ない場合が多いので注意しましょう。

    和式トイレのウォシュレット取り付け、工事のイメージ

    After

    和式トイレ

    こちらはよくある和式トイレです。
    水を撒いて掃除ができるメリットがある反面、立ち座りに負担がかかります。

    Before

    和式トイレ,ウォシュレット,スワレット,TOTO

    TOTO スワレットを取り付けしてみました。
    簡単に洋式風にできるので、当然予算的にも抑えれます。
    予算がないけど、洋式にしたい人にはお薦めですね。

    工事期間は1日あれば完成です。

    スワレットの取り付け、見積もり費用

    スワレット取り付けの見積もりはこんな感じです。

    項目 詳細 金額
    商品代 TOTO スワレット 25,000円
    設備工事 スワレット取り付け 25,000円
    電気工事 電気コンセント移設 18,000円
    諸経費 交通費、駐車場代など 5,000円

    これを合計すると、7万3千円です。

    予算がある人は和式から洋式トイレに交換が良いですね。
    介護保険の住宅改修であれば補助金も受けられます。

    まとめ

    最後にまとめると、

    • スワレット取り付けの費用は、6万~10万円ぐらい
    • 工事期間は、1日あれば完成
    • 設置条件を満たしてないと取り付けができない

    という感じです。

    スワレットの設置条件は、リフォーム会社に確認してもらう必要があります。
    会社によって金額も違うので、複数の会社に相談するのがおすすめです。

    ちなみに、見積もりして「はい、お願いします」ではダメで、
    こっちの予算に合わせてもらう工夫が必要なんですよ。
    この前提を間違っている人が意外と多いです。

    【参考】予算を抑える、安くリフォームする3つの方法




    このページの先頭へ